当院について

About

その人らしい在宅での生活を守りたい 365日、年中無休で対応いたします。

「地域のえにし」になれるように

私たちのクリニックの名前には、「えにし」という言葉を冠しています。
私たちは日常生活において、関係や結びつき、またはめぐりあわせを表すために「縁(えん)」「ご縁」という言葉をよく使いますが、「えにし(縁)」は、仏教用語では因果(原因と結果)をつなぐものとされ、因果はよく、「花の種をまいたから花が咲く」というように、「種」と「花」の関係に例えられます。
しかし、実際にはそのように種をまいたからといって簡単に花が咲くわけではなく、土や水や気温が適切なものでないと、種をまいても花は咲きません。この「気温・土・水」に当たるものが「えにし(縁)」です。花が咲くためには、適切な「気温・土・水」が必要なように、「結果」を出すためには単一の「原因」だけではなく、その周辺の多くの「えにし」が必要なのです。

様々な要素が絡み合う在宅生活においては、その方のその方らしい生活を守ること・取り戻すことを考える場合、その方の疾病や医学的な病因のみにアプローチするよりもむしろご本人や家族の価値観に寄り添いつつ環境を適切に整え、適切な選択ができるサポートを行うことの方がずっと重要である場面が多く見られます。
そういった意味合いで、在宅は「えにし」が大事。私たちは在宅を支える仕事をする以上、この「えにし」をどこよりも大切にしたいと考えています。
在宅生活を過ごすおひとりおひとりの、その方だけの「花」を咲かせるため、私たちは、そのための「ちょうどいい」土や水になりたい。それができない場合であっても、ご本人の「花」にあった土や水を探し気温を整える、「ちょうどいい」手助けをしたい、そう考えています。
そしてそのためにも、言葉どおり何かの「ご縁」・「えにし」により、偶然にもつながることとなった患者様、ご家族様、そして在宅生活を支える関係者の皆様と、同じ目的に向かって走り、また寄り添って参りたいと考えています。

私たちは、この地域に多くの花が咲くことにささやかながら貢献できる「地域のえにし」になれるよう努力して参ります。

えにしの約束

1.その人らしい生き生きとした在宅での生活を送れるよう、尽力します
私たちは最後まで生き生きとしたその人らしい生活を過ごせるようにと心から願っており、その目的の為に尽力します。

2.関係機関のみなさまとの 相談・連携を徹底いたします
在宅医療関係者の皆様、病院の皆様と密な連携をし、より強固なチームとして、ご本人・周囲の方々が納得できる在宅生活を支える お手伝いをいたします。

3.専門医による充実した在宅医療を提供します
在宅医療専門医である院長の豊富な在宅医療の経験のもと、多様な疾病・課題に当院では心電図、ポータブルエコー、膀胱内残尿測定器、嚥下内視鏡などの最新医療機器を用いて充実した医療で対応いたします。

4.リハビリテーションの力で 本人の生きる力を最大限活かします
在宅医療とリハビリテーションを同時に提供し、本人やご家族の目標・課題を共有しながら安全・効果的でありつつ本人の生きる力を最大限に発揮できるリハビリテーションを心がけます。

5.「食べること」をサポートします
嚥下内視鏡を用いた検査で客観的な評価を行い、言語聴覚士や訪問看護士への指導で摂食嚥下リハビリテーション・摂食機能訓練を行ったりご本人やご家族への食事指導を行います。
※当院の院長は「食べること」の専門家である 摂食嚥下リハビリテーション学会の認定士です。

連携病院

当院では夜間・休日も24時間365日のオンコール体制をとることで、 患者様とご家族様に安心の医療体制を提供いたしますが、レントゲン、CT、MRIなどの精密検査が必要な場合や専門的医療が必要な場合、また在宅での治療が困難で入院治療が必要な場合には、後方支援病院との連携・紹介により適切に対応いたします。
これらへの対応のため、当院では地域の病院様と相互に連携を取り交わしております。以下の病院様が当院の連携病院となっています。

「ホームクリニックえにし」 の連携病院一覧(平成30年6月現在)

練馬区 順天堂大学医学部附属練馬病院 / 練馬光が丘病院 / 練馬総合病院 / スズキ病院 / 大泉生協病院 / 陽和病院 / 田中脳神経外科病院 / 川満外科 / 島村記念病院
板橋区 日本大学医学部附属板橋病院 / 帝京大学医学部附属病院 / 東京都健康長寿医療センター / 板橋中央総合病院 / 豊島病院
杉並区 河北総合病院 / 荻窪病院 / 越川病院 / 佼成病院 / 東京衛生病院
中野区 東京警察病院
文京区 順天堂大学医学部附属順天堂医院
和光市 国立病院機構埼玉病院
朝霞市 TMGあさか医療センター
新座市 堀ノ内病院
西東京市 西東京中央総合病院 / 佐々総合病院 / 保谷厚生病院
武蔵野市 武蔵野赤十字病院
清瀬市 国立病院機構東京病院

※上記以外の病院へもご希望に応じて紹介・搬送可能です。

院長紹介

院長 天本 健司

■院長 天本 健司

■学歴
滋賀医科大学卒業 医師・医学博士

■経歴
滋賀医科大学附属病院(滋賀県大津市)、初台リハビリテーション病院(東京都渋谷区)、船橋リハビリセンタークリニック(千葉県船橋市)、在宅総合ケアセンター成城(東京都世田谷区)、たいとう診療所(東京都台東区)、かわいクリニック(東京都大田区)

■資格
(1)在宅医療専門医(日本在宅医学会)
(2)リハビリテーション科専門医(日本リハビリテーション医学会)
(3)がん緩和ケア研修修了医(東京都)
(4)認知症サポート医(東京都)
(5)難病指定医(東京都)
(6)身体障害者福祉法指定医(東京都)
(7)義肢装具適合判定医(厚生労働省)
(8)日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

※上記資格の事務局連絡先は以下のとおりです。
(1)日本在宅医学会:03-5802-3490
(2)日本リハビリテーション医学会:03-5280-9700
(3)東京都医療政策課:03-5320-4389
(4)東京都在宅支援課:03−5320−4276
(5)東京都疾病対策課:03-5320-4471
(6)東京都施設サービス支援課:03-5320-4146
(7)国立障害者リハビリテーションセンター学院:04-2995-3100
(8)日本摂食嚥下リハビリテーション学会:052-848-6570 


■所属学会
・日本在宅医学会
・日本リハビリテーション医学会
・日本プライマリ・ケア連合学会
・日本摂食嚥下リハビリテーション学会
・日本臨床栄養学会

各種指定医療に対応

・生活保護法(中国残留法人等支援法)指定医療機関
・難病医療費助成指定医療機関
・東京都心身障害者医療費助成制度(マル障)
・労災保険指定医療機関
・被爆者一般疾病医療機関
・身体障害者福祉法第15条の規定に基づく指定医
・難病医療費助成制度における指定医

対応エリア

Service Area

※上記の範囲外でもご相談ください。

<練馬区全域>

光が丘、田柄、北町、錦、平和台、氷川台、早宮、
春日町、高松、土支田、旭町、大泉学園町、西大泉、
南大泉、東大泉、大泉町、練馬、向山、貫井、中村、
豊玉、旭丘、小竹町、栄町、羽沢、桜台

<練馬区以外の地域>

・中野区・杉並区・板橋区
・西東京市 ・武蔵野市
・和光市・朝霞市・新座市

上記、市区の一部